FC2ブログ

2007-12

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

有馬記念結果

有馬記念
一着無マツリダゴッホ
二着無ダイワスカーレット
三着無ダイワメジャー
四着無ロックドゥカンブ
五着○ポップロック


中山後者のマツリダゴッホが快勝しました。距離不安がありましたが、例年通り中盤にペースが緩んだことが距離を持たせた原因でしょう。ダイワスカーレットはスローを先行していつも通りの競馬が出来たのが良かったでしょう。道中ハミを噛んでいたそうですが、それで二着なら来年が楽しみですね。このレースで引退のダイワメジャーはがんばりましたね。お疲れ様です^^

馬券
馬単 ◎-○、▲、△  不的中
馬連 ◎-○       不的中

朝日杯単勝が当たって以来フェアリーS、ラジオNIKKEI賞、有馬記念と3連敗をしてしまいました。来年は好スタートを切りたいものです。

ランキングに参加しています↓↓クリックにご協力お願いしますm(__)m

   
人気競馬ブログの買い目をチェック!馬券師ランキング

スポンサーサイト
entry_footer
entry_header

有馬記念予想

有馬記念
◎メイショウサムソン
○ポップロック
▲ドリームパスポート
△デルタブルース

JCを武豊のミスで取りこぼしたメイショウサムソンが◎。今回は中山なので早めに動いて横綱相撲をして欲しいところです。対抗は○ポップロックで。ペリエは有馬記念で異常な好成績を修めていますし、ポカさえなければ勝ち負けでしょう。問題は、ポップロックはこの秋4戦目で余力が残っているかどうかですね。ドリームパスポートは調教が良かったので▲にしました。能力自体は元々高いので、調子次第だと思います。当日の気配が良ければ狙えると思います。△はJCで好走したデルタブルースを。デルタブルースにしては珍しく上がり勝負で掲示板に載りました。ずぶい馬を押すことに長けている川田騎手が鞍乗なので、消耗戦で粘りこみがあるかもしれません。

ウオッカは好調だったJCで展開が向いて4着なので実力はまだ劣ると考えています。大外になったので今回は見送ります。ダイワメジャーは距離的に切り。ダイワスカーレットはこの秋4戦目なのと、厳しい競馬をここのところしていないので見送ります。3歳牡馬はやはり実力的に厳しいでしょう。

ランキングに参加しています↓↓クリックにご協力お願いしますm(__)m

   
人気競馬ブログの買い目をチェック!馬券師ランキング

entry_footer
entry_header

ラジオNIKKEI賞結果

ラジオNIKKEI賞
一着無サブジェクト
二着△サダムイダテン
三着無メイショウクオリア
四着無イイデシンゲン
五着無マイネルファルケ

完全に前残りの展開でした。雨の影響が大きかったみたいですね。
その中で最後方から二着に入ったサダムイダテンは将来期待できる好素材だとわかりました。

馬券
単勝 ◎        不的中
馬連 ◎-○     不的中

ランキングに参加しています↓↓クリックにご協力お願いしますm(__)m

   
人気競馬ブログの買い目をチェック!馬券師ランキング

entry_footer
entry_header

ラジオNIKKEI賞予想

ラジオNIKKEI賞
◎フローテーション
○ダノンイサオ
▲ショウナンアクロス
△サダムイダテン

武豊騎手はフローテーションではなくダノンイサオに乗るみたいですね。フローテーションにはルメール騎手が乗るのでおもしろいレースになりそうです。すでにOPを勝っているフローテーションとは違い、ダノンイサオは賞金加算のためにも今回は狙っているでしょう。しかし、フローテーションの萩Sでの内容が良かったため◎フローテーション、○ダノンイサオとしました。また、百日草特別を1:47:8の好タイムで勝利したショウナンアクロスを▲に。新馬戦を1:35:0で快勝したサダムイダテンを△にしました。サダムイダテンは大外なのが気になるところではあります。

ランキングに参加しています↓↓クリックにご協力お願いしますm(__)m

   
人気競馬ブログの買い目をチェック!馬券師ランキング

entry_footer
entry_header

ラジオNIKKEI賞考察

ラジオNIKKEI賞の注目馬について考察していきます。

オリエンタルロック
札幌2歳Sの勝ち馬。道中最後方を追走していましたが、直線で一気に抜き去りました。インパクトのある勝ち方ではありますが、前半4F48.9秒-後半4F50.3秒のハイペース。レース上がりが37.9秒の中でこの馬は36.9秒の脚を使ったため届いたわけです。前半4Fが48.9秒にもかかわらず後半4Fが50.3秒もかかっているようでは、低レベルといわれてもしょうがないレースだと思います。やはり、馬インフルエンザの影響で今年の札幌2歳Sはメンバーが揃わなかったということでしょう。そういう意味で、今回この馬には厳しいレースになると思われます。

サダムイダテン
新馬戦は前半4F48.4秒-後半4F46.6秒のスローペースを先行して直線抜け出しました。上がり3Fが34.4とまずまずで2着以下に3馬身付けたのも好印象です。中々の素材なので、今後よくなっていくでしょう。しかし、2戦目でラジオNIKKEI賞はメンバー的に厳しい戦いになりそうです。過去10年で新馬勝ちの後にこのレースを勝った馬はアグネスタキオンのみ。今回好走すれば将来が楽しみといった印象です。

サブジェクト
札幌2歳Sの2着馬。朝日杯で13着となり、皮肉にも札幌2歳Sの低レベルを証明する形となりました。萩Sは前半4F47.4秒-後半4F48.1秒の前傾ラップだったにもかかわらず、後方待機で伸び切れなかったのは実力不足でしょう。

ショウナンアクロス
マイル戦は4戦未勝利なのに対し、1800mは2戦2勝。前走の百日草特別は1:47:8の好タイムで勝利しました。距離は伸びたほうが良さそうですし、狙ってみてもいい一頭だと思います。

ダノンイサオ
京都2歳Sの2着馬。新馬戦は前半66.9秒-後半60.2秒の超スローペースを好位から抜け出し勝利しました。スローだったとはいえ、上がり33.9秒はたいしたものです。しかし、京都2歳Sは前半62.5秒-後半60秒のスローペースを先行し、上がり34.6秒で2着。両方ともスローで前有利な展開だったため、この馬自体がどの程度強いのかまだ疑問があります。しかし、今回は賞金加算のためにしっかり仕上げてくると思われるのでおもしろい一頭だとは思います。

ブラックシェル
このレースは未勝利戦を突破したばかりの馬には厳しいレースです。
特に時計がすぐれているわけではないので、見送ろうと思います。

フローテーション
萩Sの勝ち馬。やや重で1:47:9の好タイムを叩きだしたことからも期待が持てます。また、前半47.4秒-後半48.1秒の前傾ラップで先行して押し切ったのは立派ですね。ここを勝てるだけの実力は十分あると思います。

マイネルファルケ
前走未勝利戦を5馬身付けて圧勝してきました。しかし、前半62.4秒-後半60.5秒のスローペースだったため楽に逃げきれたのだと思います。今回は相手も強いですし、見送りたいと思います。


ヤマカツオーキッド
コスモス賞の勝ち馬。そのコスモス賞は前半4F53.2秒-後半4F48.6秒の超スローペースを逃げたことと、馬インフルエンザの影響で6頭立てになったことが大きいでしょう。その次の札幌2歳Sで惨敗しているように、実力不足ですね。

ランチボックス
エリカ賞の2着馬。走破タイム2:02:5も上がりタイム35.8秒も特に目を引くものではありません。京都2歳Sでは6着に敗れていますし、今回は相手が強い印象です。




ランキングに参加しています↓↓クリックにご協力お願いしますm(__)m

   
人気競馬ブログの買い目をチェック!馬券師ランキング

entry_footer
entry_header

有馬記念考察3

今回は別路線組について考察したいと思います。

ダイワメジャー
2200m以上 0-0-1-4、2000m以下 9-4-3-6というデータが示すように、完全に2000mまでの馬。去年の有馬記念は安藤勝の好騎乗もあり3着に食い込みましたが、昨年ほどの勢いが無い今年では勝ち負けは厳しいでしょう。18億円のシンジケートも組まれて華々しい種牡馬生活が待っているわけですから、無理をしないで引退レースとなるのではないでしょうか。

ダイワスカーレット
この馬はもちろん強いのですが、先行できることと鞍乗の差でウォッカに勝ち越している気がします。3歳でエリザベス女王杯を制したくらいだから強いのですが、フサイチパンドラにゴール前詰められていましたし、やはり2200mは長い印象です。有馬記念は2500mではありますが、中盤が緩むという特徴があるので意外にも距離はもってしまう可能性があるのですが、3歳牝馬が4歳牡馬に通用するかというとやはり厳しいと思います。ライバルであるウォッカが展開に恵まれながらもメイショウサムソンに勝てなかったことを考えると、スカーレットも厳しそうです。

アドマイヤジュピタ
1000万下勝利の後すぐにGⅡを制したのは立派の一言ですが、その次にいきなり有馬記念というのはどうかと。アルゼンチン共和国杯は54kgという軽ハンデに恵まれたわけですし、別定のステイヤーズSに挑戦してから有馬に参戦して欲しかったです。そういう意味で今回はGⅠでどこまでやれるか試す意味合いが強いのではないでしょうか。

ロックドゥカンブ
弱い3歳牡馬の中で、唯一強そうな一頭。デビューから4連勝で挑んだ菊花賞は鞍乗の経験不足もあり3着に敗れました。今回は名手キネーンが乗るみたいなので、期待できそうです。気がかりなのは勝ったレースがそれほどレベルが高くないことです。ラジオNIKKEI賞はハンデ戦で52kgでしたし(南半球産ということを考えると実質は54kgになりますね)、菊花賞トライアルは神戸新聞杯ではなくセントライト記念。セントライト記念2着のゴールデンダリアはダービーでヨシトミの騎乗ミスにもかかわらず6着に突っ込んできた馬なので弱くはないのですが、一線級と比較すると劣る気はします。今年の3歳牡馬と比較すると力が一枚上の印象があるので来年は勝ちまくることになるのでしょうが、いくら53kgとはいえ南半球産の馬が3歳時の有馬記念で好走するのはやっぱり厳しいと思います。

サンツェッペリン
2200m以上 0-0-0-3
2000m以下 2-3-0-4
テンビー産駒だけあって、距離が長くなると苦戦しています。
2000m以下での成績がいいようですが、1800m~2000mに限ると2-3-0-2という好成績。完全な中距離馬ですね。皐月賞は縦長の展開に助けられ2着、ダービーはスローペースを先行したことにより4着。今回は相手も強いですし、得意の中山(京成杯勝ち、皐月賞2着)でも厳しいでしょう。

マツリダゴッホ
AJCC1着、日経賞3着、オールカマー1着という成績から中山巧者ぶりがうかがえます。距離別の成績ですが、1800~2200mが6-1-0-4、2300m以上が0-0-1-2となっています。馬券に絡んだ穴馬の共通点は中山巧者ということなので、マツリダゴッホも穴馬としての期待が高まるところですが、2500mはちょっと長いなという印象があります。


ランキングに参加しています↓↓クリックにご協力お願いしますm(__)m

   
人気競馬ブログの買い目をチェック!馬券師ランキング

entry_footer
entry_header

有馬記念考察2

今回は有馬記念好走馬を多数輩出しているJCの成績から考察していきます。

有馬記念登録馬のJCでの着順
 2着 ポップロック
 3着 メイショウサムソン
 4着 ウォッカ
 5着 デルタブルース
 6着 チョウサン
 9着 フサイチパンドラ
10着 インティライミ
13着 コスモバルク
14着 ドリームパスポート

ポップロック
JCはアドマイヤムーンにわずか及ばず2着でしたが、とてもいい走りでした。スローペースで瞬発力を生かせる展開となり、この馬の実力を発揮できる展開だったと思います。昨年の有馬記念2着のときと同様ペリエが鞍乗ですので、ペリエのポカさえなければ勝ち負けになるでしょう。

メイショウサムソン
JCはこの馬には少し長い2400m、不向きな瞬発力勝負となり3着になってしまいました。中山では瞬発力勝負になりにくいので、この馬には好都合と言えるでしょう。この秋は天皇賞とJCしか使っておらずここを使うのも想定の内なのでしょうが、激走による反動だけは気になるところ。最終追い切りに注目したいと思います。

ウォッカ
JCは得意の瞬発力勝負になり4着と好走しましたが、古馬一線級の厚い壁に跳ね返される形となりました。中山は瞬発力が売りのこの馬にとっては不向きなコースと考えられ、厳しい一戦になるでしょう。

デルタブルース
デルタブルースの5着は意外でしたが、好位につけて自身としては上出来な34.4秒の上がりを使ったら結果5着だったといった感じの気がします。切れる脚がないので有馬記念では消耗戦にならないと厳しいでしょうが、有馬記念は中盤ペースがゆるむ傾向にあるので厳しいところでしょう。

チョウサン
チョウサンが逃げ粘って6着に踏みとどまったのにも驚きました。有馬記念はダイワスカーレットなども参戦し厳しくなるでしょうが、途中うまくスローに落とせば掲示板を狙える気がします。

フサイチパンドラ
賞金稼ぎのために過酷なローテーションを取らされている馬という印象が強いです。牝馬限定戦では好走することが多いですが、牡馬一線級にはまったく通用していないのはしょうがないでしょう。札幌記念を勝ってはいますが、あのレースは藤田騎手得意のスロー逃げによるものなので参考外と考えています。

インティライミ
インティライミは瞬発力がある馬ではないのでこの結果もしょうがないところでしょう。京都で良績があるので直線は平坦の方が良さそうですね。
中山実績がないので、有馬は厳しそうです。

コスモバルク
コスモバルクですが、自分の中ではもう終わった印象です。去年はG1では掲示板に辛うじて載れるレベルでしたが、
6歳という年齢と、自分より若い世代の成長でその地位でさえ維持することができなくなったのでしょう。

ドリームパスポート
怪我からの復帰初戦でJCというのはさすがにきつかったのか14着に惨敗してしまいました。
実力はアドマイヤムーンやメイショウサムソンに匹敵するものがあると思っているのでそろそろG1を勝って欲しいところですが、あの惨敗ではちょっと心配です。
一叩きして良くなっているなら狙ってみても良さそうですが、調教次第なところがあります。

ランキングに参加しています↓↓クリックにご協力お願いしますm(__)m

   
人気競馬ブログの買い目をチェック!馬券師ランキング


entry_footer
entry_header

有馬記念考察1

人気になりそうな古馬3頭の距離別の成績です。

ダイワメジャー
2200m以上 0-0-1-4
2000m以下 9-4-3-6

メイショウサムソン
2200m以上 2-1-1-3
2000m以下 7-4-1-1

ポップロック
2200m以上 6-5-6-6
2000m以下 1-0-2-2

ダイワメジャーは2200m以上で馬券に絡んだのは去年の有馬記念3着のみ。やはりこの馬に2500mは長いですねえ。あとは能力と乗り方でどこまでカバーできるかです。鞍乗がデムーロというのはいいですが、ダイワメジャー自身が去年より衰えている点が気になるところです。
メイショウサムソンは2200m以上で勝ったのは天皇賞春とダービーです。ダービーは重馬場で前残りの展開、天皇賞はメンバーが手薄とこの馬には比較的楽なレースだったと言えるでしょう。2000m以下で7勝しているように、この馬は2000m前後がベストだと思います。
ポップロックは2000m以下で勝ったのは新馬の2000mのみ。距離は長いほうがいいでしょう。


ランキングに参加しています↓↓クリックにご協力お願いしますm(__)m

   
人気競馬ブログの買い目をチェック!馬券師ランキング


entry_footer
entry_header

フェアリーS結果

フェアリーS
1着▲ルルパンブルー
2着無スワンキーポーチ
3着△マイネレーツェル
4着無エーソングフォー
5着無エフティマイア

馬券
単勝 ◎      不的中
馬連 ◎-○   不的中

◎ビーチアイドルは直線伸びるも6着まで。最後方からで届くわけないじゃん・・・
○ハートオブクイーンは雨じゃないとダメなのかなあ。。。
来週の有馬はきっちり当てたいところです。


ランキングに参加しています↓↓クリックにご協力お願いしますm(__)m

   
人気競馬ブログの買い目をチェック!馬券師ランキング


entry_footer
entry_header

フェアリーS予想

フェアリーS予想
◎ビーチアイドル
○ハートオブクイーン
▲ルルパンブルー
△マイネレーツェル

前走馬体重大幅増ながら好走した◎ビーチアイドルでいきます。久々にJRA重賞を勝利したデムーロにも期待です。あと、適正的に向かなくて連敗した○ハートオブクイーン、カンナS勝ち馬の▲ルルパンブルー、2勝馬で重賞好走歴のあるマイネレーツェルでいきたいと思います。

ランキングに参加しています。クリックにご協力お願いしますm(__)m
 
entry_footer
entry_header

フェアリーS考察2

出走馬が決まったので、残りの馬の考察を行います。

エーソングフォー
新馬で2着のあと未勝利戦で1着となりました。両方ともダート1400mですので、芝がはじめて、1200mもはじめてなので正直狙いづらいです。

フラミニアンウェイ
サフラン賞7着、ファンタジーS12着。サフラン賞は瞬発力勝負なのでそこで負けたことはしょうがないとしても、速い流れで力比べになったファンタジーSで12着では能力的に正直厳しいでしょう。

メジロアリス
ダリア賞と新潟2歳Sで惨敗し、カンナSで3着していることからも瞬発力勝負は向いていないと思いきや、サフラン賞で33.5秒という驚異的な上がりを叩き出しました。他のレースでは35秒台の上がりしか使っていないのにここに来て突然33秒台とは。。。しかし、前走は東京だからうまくいったわけで、今回はある程度の位置につけないと厳しいのは明らか。内枠を引いたことですし、うまくスタートを切れば残るかもしれません。

コスモグラマラス
新馬戦で着差は2馬身半付けたものの、芝1200mで前半34.7-後半36.0の落ち込み具合は気になります。だいたい1分9秒くらいで決着するフェアリーSだと前後半35秒ずつくらいで逃げなければなりません。それを考えると、新馬戦は相手に恵まれたといえますね。

サクラカスケード
芝1400mの新馬戦は2番手に付けて1着ですが、勝ちタイムが気になります。1:24:3という勝ちタイムは、今年の2歳新馬・未勝利で4番目に遅い勝ちタイムです。前半3Fが37.1秒というスローペースでありながら上がりが34.4秒ですし、今回は厳しいでしょう。

メイビリーヴ
新馬1着、ベゴニア賞でクビ差の2着。ベゴニア賞で負けた相手が朝日杯13着のドリームガードナーというのは気がかりなところ。連対した2戦がともに瞬発力勝負になっているので、今回の中山1200mは適正外ではないでしょうか。

サマーエタニティ
5戦すべてが瞬発戦というのが気になります。今回は初めての1200mというだけでなく、問われる能力が違うというのもこの馬には厳しそうです。

ビエナプリンセス
デビュー戦の中山芝1200mで惨敗したのに対し、東京芝1400mの未勝利戦では2戦続けて好走しています。中山芝1200mの今回は厳しいですね。

スワンキーボチ
新馬戦で4馬身つけて圧勝したため、それなりに人気になりそうな一頭です。しかし、何度も言っていますが、東京芝1400mですので中山芝1200mとは問われる能力が違いますね。この馬の能力で好走する可能性はありますが、適性外なので過剰人気なら見送るべきだと思います。

ミスティフォレスト
京都ダート1200mの新馬戦を圧勝してここに駒を進めました。直線平坦の京都ですので、中山の坂がどうでるか興味があります。しかし、新馬戦はダート短距離にしては珍しく瞬発力が必要となるレースだったので、安直に1200mが得意とは言えないと思います。今回は芝も初めてですし、見送りたいと思います。


ランキングに参加しています。クリックにご協力お願いしますm(__)m
 
entry_footer
entry_header

フェアリーS考察1

フェアリーSで賞金的に出走可能な馬について検証してみたいと思います。

エフティマイア
3連勝で新潟2歳Sを制した馬。その後の京王杯は13着、阪神JFが17着と嘘のように惨敗しています。福島で1勝、新潟で2勝なので坂が駄目なのかもしれませんがそれにしても負けすぎですね。この馬は瞬発力が売りなので、中山1200mじゃ適正的に厳しそうです。

トラストパープル
くるみ賞の勝ち馬で、前走の阪神JFは18着。東京で2勝挙げていることからわかるように、いかにも瞬発力タイプの馬です。中山1200mはやはり適正的に違いますね。

ハートオブクイーン
ラベンダー賞と函館2歳Sを連勝し中央に転厩したものの、その後の2戦は惨敗しています。京王杯も阪神JFも瞬発力が必要となるレースのため、この馬には厳しい流れだったのでしょう。この馬は函館2歳Sを快勝しているように、消耗戦が得意の馬です。東京や阪神外回りとは違い、中山の短距離はこの馬にあうと思います。

ビーチアイドル
フェニックス賞を勝ち、ファンタジーSで4着とここでも十分の実績です。フェニックス賞で勝ったようにこの馬は消耗戦に強いタイプと考えられます。ファンタジーSは+20kgがさすがに響いたのか4着に終わりましたが、しっかりしぼれてきたら狙ってみたい一頭ではあります。新馬戦を阪神で快勝しているため坂はそこまで気にしなくてもよさそうです。

マイネレーツェル
フェニックス賞2着、小倉2歳S3着、ファンタジーS8着、白菊賞1着。実績的には合格点といえますが、この馬は直線が平坦のコースしかまだ経験していないのが不安要素です。坂が大丈夫ならいいのですが、こういう牝馬は坂になると惨敗してしまうケースが結構多いので心配なところです。

ルルパンブルー
カンナSの勝ち馬。中山芝1200mで勝ち星があるのは強みです。ききょうSは瞬発力勝負になったため3着もしょうがないのですが、ファンタジーSで14着というのは考え物です。ファンタジーSには2歳時点での強い馬が集まってくるわけで、そこで惨敗というのは能力的に厳しいという現実を突き付けられた事になります。エイムアットビップが大逃げをしたことで自力が問われるレースになったことを考えると、この馬は能力的には少し劣るということでしょうか。

 ←ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。

 ←人気ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。
entry_footer
entry_header

引越し

ヤフーのジオログ http://geocities.yahoo.co.jp/gl/cesario_k_o からこちらに引っ越すことにしました。
こちらの方が色々機能が多くて使いやすそうなので^^;;
それではよろしくおねがいします。

 ←ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。

 ←人気ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。
entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

ザリオ02

Author:ザリオ02
FC2ブログへようこそ!

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

サイト


↑↑↑
管理人も参加しているアフィリエイトサイトです。

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

side_footer

side menu

side_header

ランキング

人気ブログランキングへ

相互リンク

競馬

















MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer