FC2ブログ

2018-11

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_footer
entry_header

朝日杯考察3

朝日杯フューチュリティーステークス
G1 中山芝1600m


出走馬が発表されました。
アーバンウィナー 、カシマストロング 、マイネルマルシェの三頭が除外されたみたいですね。

18頭の馬が出走してきたレースのラップギアをまとめて見ると以下のようになります。
(ラップギアについてはこちらの記事をご覧ください。)

瞬発戦
東スポ杯 ▼13▼2△6
新潟2歳S ▼12▼12△14
ベゴニア賞 ▼9△3△6
いちょうS ▼8▼1△1
千両賞 ▼5▼3△13

平坦戦

京王杯 ▼3▼4△11
福島2歳S △4▼4△10
ききょうS △1▼4±0
デイリー杯 ▼3▼3△4
芙蓉S ▼2△1△5
函館2歳S △3△1▼2

消耗戦
クリスマスローズS △2±0△8
小倉2歳S △2△3△1

朝日杯考察2でも書いたとおり、朝日杯では4年連続瞬発戦になっています。
しかしながら、中山芝1600mのラップギア適正は瞬3平5消2で本質的には平坦コースです。
近年の傾向を重視するか、コース適性を重視するかという問題にはいつも直面しますが、母数の多いコース適性の方が本質を表していると考えています。
中山芝マイルで、2006年のような▼11がまた起きるのを根拠もなく期待するわけにもいきませんしね^^;;
そうなってくると、▼13の東スポ杯や▼12が2回も続いた新潟2歳Sで好走した馬(ローズキングダム、トーセンファントム、フローライゼ)は危険じゃないでしょうか。
また、▼9だったベゴニア賞の勝ち馬(キングレオポルド)や、▼8だったいちょうSの勝ち馬(トーセンファントム)も危険かもしれません。
逆にクリスマスローズSで好走した馬(エスカーダ、ツルマルジュピター)や小倉2歳Sで好走した馬(ダッシャーゴーゴー)は瞬発力が不足している可能性があります。
千両賞、京王杯、福島2歳S、ききょうS、デイリー杯、芙蓉Sあたりが適正的にリンクしそうですが(函館2歳Sは最後の1Fで加速があるので少しタイプが違うと考えています。)、あとは脚質や能力との兼ね合いだと思います。
スポンサーサイト
entry_footer
entry_header

COMMENT

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://sario02.blog69.fc2.com/tb.php/202-20865f9a

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

ザリオ02

Author:ザリオ02
FC2ブログへようこそ!

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

サイト


↑↑↑
管理人も参加しているアフィリエイトサイトです。

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

side_footer

side menu

side_header

ランキング

人気ブログランキングへ

相互リンク

競馬

















MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。